水分確保!タンブラー&ストロー【コップを持上げるの辛くなってきたら】

ALS

コップを持上げて飲むのが億劫で水分が取れない

症状が進行して腕の力が弱まってくると、これまで普通に使っていたコップが重く感じたり、ペットボトルが持ち上げづらくなったりで、水分摂取が滞ってきます。

そうすると体調を崩したり、お通じに影響が出たりと健康を害してしまう。

そこで対策したのが、持ち上げないで飲めるようにすること。

ホームセンターなどで売っているタンブラーに、100均などで売っている長いストローを組み合わせ、持ち上げないで飲めるようにする。

これだけで飲む動作のストレスが減り、これまで通り水分が取れるようになりました。

我が家では二種類用意して、水とアイスコーヒーを朝一でセットしてもらってます。物によると思いますが我が家のタンブラーの保温性は優秀で4~5時間氷が溶けずに残ってますよ(春)。

飲み易い真空蓋付マグカップ 400m

ドウシシャ タンブラー ふた付き 0.36L 飲みごろ グレー CHIC

ロングストロー

ALS 症状進行による困りごと

次の記事では、私のALSの進行による様々な困りごとに対する対策をまとめています。当てはまる方は参考にしてみてください。

現場からは以上です。

タイトルとURLをコピーしました