南海泡沫事件 | バブルの起源と天才ニュートンの失敗

南海泡沫事件失敗しないための株式投資入門

南海泡沫事件とは、世界3大バブルのひとつでバブルという言葉の起源ともなった「泡沫会社」が登場する事件です。

イギリスで起こったこのバブルでは、あの天才ニュートンも失敗しています。

ニュートン
ニュートン

株価が地球に引っ張られている……..

 本記事の内容

  • 南海泡沫事件はなぜ起こったのか?

  • バブル崩壊の原因は

  • バブルで失敗しないためにはどうすればいいのか

あの天才さえも騙されたバブルの罠、本記事で学び、今後の危機に備えましょう。

バブルの起源、南海泡沫事件はなぜ起こったのか

時代背景

18世紀初頭、イギリスとフランスの間で植民地を奪い合ったアン女王戦争(1702-1713)など、ヨーロッパは戦火に包まれていました。

長引く戦火で、各国は経済的にも疲弊していた。

そんな中、1711年にイギリスの危機的な財政状況を救うために 南海会社という会社が設立されました。

南海株ブーム

社長のジョー・ブラント率いる南海会社は政府の借金を肩代わりにする代わりに、次のような特権を政府から付与されていました。

  • 政府から引き受けた借金の5~6%を毎年受け取る権利

  • 当時ヨーロッパで大流行であった「南米との独占貿易権」

  • 国民に宝くじの販売を行う権利

これらの特権、特に宝くじの販売により同社は莫大な利益を挙げました。

また、南米との貿易で金銀がたっぷり入ってくる、メキシコ人がイギリスの綿織物を買い付けに来ていて南海会社にすさまじい利益をもたらしているなどの噂がまことしやかに広まり、同社の株価は高騰しました。

そして、ジョー・ブラントは、フランスのジョン・ローのミシシッピ計画を参考に「国債と株の交換して国の借金の帳消し」をしようと目論みました。

そうすれば、「借金の5~6%を毎年受け取る権利」を持つ南海会社はボロ儲けです。

株価の高騰により、多くの人が突然金持ちになりそれを見てさらに多くの人が株を購入しました。

老若男女を問わず、金持ちも貧乏人も皆が投機に熱中しました。

また、南海株を担保にお金の貸し出しも行っており、「南海株価が上がるほどお金が借りやすくなる。借りたお金でまた株を買う」という状態に。

南海会社の株価はたったの半年で10倍に跳ね上がります!

熱狂

南海会社への投機熱を見た人々の中には、これに便乗して儲けいようと考えて会社を設立する人がいました。

さまざまないかがわしい会社が設立され、株式を発行して資金を調達するようになりました。

業務内容
  • 水銀を純金属へ変換する会社
  • 永久運動を開発する会社
  • 海水から金を取得する会社

なかには、「事業の内容は後日発表するが、高配当だけは約束する」という、何の実態もない会社の株式に応募した人も多数いました。

当然詐欺でしたが、そんな詐欺に騙されるほど人々は熱狂していました。

こうした会社は、泡のように多数設立されたので「泡沫会社」と呼ばれます。

これが、「バブル」という言葉の起源です。

ロンドン株式市場の株価は、1695年から1720年の間に100倍になりました。

しかし、そんな熱狂も終りが来ます。

政府の規制をきっかけにバブルは崩壊するのです。

バブル崩壊の原因

政府は詐欺が横行し資金を集めている泡沫会社を禁止する命令をだしました。

この命令の背景には南海会社に資金を集中したい、ジョー・ブラント の強い要望もありました。

しかし、これにより泡沫会社の株価が暴落したことで、 泡沫会社の株主が破産し自身が持っている南海株を売却、南海株式会社の株も暴落してしまいます。

泡沫会社の株の暴落を見て、南海株の株価高騰が急上昇過ぎるとうすうす感づいていた人が売りに転じたこともその一因でした。

6月までは、1050ポンドだった株価は、8月には850ポンド、9月中旬には400ポンド。

9月末に南海株は200ポンドを割り込む水準に落ち込んでしまいました。

さらに政府が、事業を多角化した泡沫会社を実際に訴えるという令状が発表されると、株式市場は大パニックに。

南海会社だけではなく、泡沫会社の株価も軒並み暴落・・・

わずか1720年の1年間に190社が設立&株式募集がされていましたが、生き残ったのはたったの4社というありさまでした。

ほとんどが実績も実体もない会社だったのです。

この南海株の暴落で損失や借金の苦で自殺する人も多く、破産者が大量発生。イギリス中の人がどん底に落ちてしまった。

天才ニュートンも失敗

「万有引力の法則の発見」した、天才ニュートンもこのバブルに巻き込まれています。

ニュートンの名言
  • プラトンは私の友、アリストテレスは私の友。しかし、最大の友は真理である。

  • 神はすべてを数と重さと尺度から創造された。

  • もし私が価値ある発見をしたのであれば、それは才能ではなく、忍耐強く注意を払っていたことによるものだ。

彼は南海泡沫株の売買で資金を2倍に増やしました。ところが泡沫会社が6ヶ月以内に8倍になるなど暴騰していくのを見ると我慢できずに当初の3倍の資金で再参入。

しかしそこが天井付近だったため、資金を倍にするどころか大半を失ってしまい10億円の損害をだしてしまいました。彼はこんな言葉を残しています。

ニュートン
ニュートン

天体の動きなら計算できるが、群衆の狂気は計算できない

バブルの魔力の前では、天才さえも騙されてしまうのです。

バブルで失敗しないためにはどうすればよかったか

南海泡沫事件の状況をまとめるため、チェック項目ごとに評価してみました。

南海泡沫事件まとめ

バブルチェック

  • バブルを正当化する革新的な技術や新しい理屈がある

    南米との独占貿易権。南米との貿易で金銀がたっぷり入ってくる、メキシコ人がイギリスの綿織物を買い付けに来ていて南海会社にすさまじい利益をもたらしている 。

  • 金融が緩和されている

    紙幣をどんどん増やしており、金融は緩和状態であった。

  • 全員参加型でこれまで投資をしていなかったような人も投資をする

    老若男女を問わず、金持ちも貧乏人も皆が投機に熱中 。

  • 投機の熱狂が過熱するに従い、投機の対象になる銘柄の質が低下していく

    南海会社だけでなく、中身のない泡沫会社まで投資の対象に

  • 悪質な詐欺が横行

    「事業の内容は後日発表するが、高配当だけは約束する」という、何の実態もない会社の株式が売りに出される

  • バブルの崩壊のキッカケは政府の金融政策である事が多い

    政府が泡沫会社を禁止する命令を出した事が原因

南海泡沫事件で失敗しないためにはどうすればよかったか

この時代に投資をしていたとして、どうすれば住南海泡沫事件で失敗(破産)しなかったのでしょうか。

国から南米との独占貿易権や宝くじなどの利権を与えられ絶好超の南海会社を疑う事は難しいかもしれません。

しかし、中身のない詐欺まがいの泡沫会社の株価高騰を疑う事は出来たと思います。

バブルで失敗しないための対策をまとめると次のようになります。

南海会社の事業内容を疑いつつバブルで儲ける、そして誰も彼もが株に熱中し、中身のない泡沫会社の株までもが高騰しているのを見て、投資を抑制。

政府が規制に入った事をキャッチした瞬間に完全に手じまいする。

後から言うのはやさしいですが、複数の事例を見ていくことで、その共通項から事前にバブルをキャッチする能力は上がっていくと思います。

次の記事では、8つのバブルの分析結果を元に、崩壊時に失敗しないための対策をまとめていますので、こちらもぜひ参考にしてください。

バブル関連記事一覧

バブル崩壊で失敗しない方法【チューリップバブルからリーマンショックまでの8事例から検証】
チューリップバブル | 最古のバブルから学び仮想通貨の未来を解く
うさぎバブル | 殺人や放火まで引き起こした壮絶なバブル
ITバブル | 過去から学び第2のITバブルに備える
どうすればリーマンショックを受けずにすんだのか 【バーナンキ議長を疑え】
ミシシッピバブル | ジョンローのフランス乗っ取り計画
南海泡沫事件 | バブルの起源と天才ニュートンの失敗
狂騒の20年代 | 靴磨きの少年を見つけるための8つのポイント

参考

本記事作成にあたり次のサイト・本を参考にさせていただきました。

新訳 バブルの歴史 ──最後に来た者は悪魔の餌食

なぜ、バブルは繰り返されるか?

南海泡沫事件:バブルの語源となった世界3大バブルの一つをわかりやすく解説

免責事項
  • 本カテゴリの記事は基本的に主人公寄りで書いています。
  • 極力資料に基づき記載していますが、会話の内容など一部脚色しています。

(おしまい)

コメント

タイトルとURLをコピーしました